猫に関する思考実験

昔から動物に関しての思考実験というのはいくつか行われてきましたが、つい最近まで猫に関する思考実験がいくつかあるというのは知りませんでした。

今日は動物好きな人と話すと楽しそうな思考実験をご紹介します!

その1:バター猫のパラドックス

これは二つの言い伝えを組み合わせるとどうなるか、という思考実験で、
まず「猫は常に足を下にして着地する」というモノと
「バタートーストは常にバターを塗った面を下にして着地する」
この2つを組み合わせた状態、猫の背中にバタートーストを背負わせて
落とした場合、どうなるのか?という思考実験。

考察は色々あって、まず猫が足から着地した後、すぐにひっくり返って
バタートーストの面が下に来る、とか
どちらから落ちる訳にもいかず半浮遊状態で回転し続けるなんてのもありますね・・・(笑

試してみようとは思いませんが、もしどちらの言い伝えも本当だとしたら
半浮遊状態はありえるかもしれません・・・

その2:「猫は粘度の高い液体」

これは昨年のイグ・ノーベル賞(人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究)で
フランスの研究者の方が論じた説です。

ざっくり説明すると、液体とは体積は一定であるものの形は容器に合わせて変化するもの
で、その定義に当てはめると容器に隙間なく入っている猫の画像やボールの中で眠っている猫
とかは粘度の高い液体ではないのか?というもの。

画像を検索とかしてみると確かにこれは液体かも・・・
と思えるような綺麗に器に入った猫がいっぱい出てきますね・・・(笑

うちの猫はあまり器とかには入りませんが、私が寝ているときにお腹に大の字で
張り付いてくるのですが、確かにその時はスライムのような印象を受けます・・・

こういった思考実験は動物に限らず色々あるので、知っておくと話のネタなんかに面白いかもしれませんね。

臭い

今日朝、電車に乗っていた時の事。

途中停車駅で新社会人らしき女性が乗車してきたのですが、その時に強烈な金木犀の香りがしました。

金木犀の香りって私は結構好きで、あの香りを感じると田舎にいた子供の頃、じいちゃんと一緒に散歩したり遊んだりした思い出が蘇って、少し切なくなります。

私にとってはノスタルジックな香りなんですが、その女性から感じた金木犀の香りは何しろ強烈過ぎる!

香りのチョイスは悪くないのに付けすぎなんや・・・!ていうか新入社員で香水とかってどうなんですかね?最近の企業はOKなとこ多いんかな・・・

まあ人の香りにどうのこうのエラそうに言えるほど、自分の臭いを気にした事ってあまりないんですけどね。

でも明らかに不潔感のある臭いとかはダメですね・・・もう生理的に受け付けないので、自分もですが、サービス業に携わっている者としては気を付けておきたい所です。

ちなみに他の人にとってはあの人めっちゃ臭い!って思われてる人でも、自分にとっては凄い良い匂い・・・って感じちゃうのはその人との相性が良いらしいです・・・なんの相性とまでは言いませんが・・・

嗅覚って一番人間の本能に近い感覚らしいので、臭いだけで色んな事を判断しちゃうというのは納得がいきますよね・・・

どんなに見た目が綺麗な人でも自分にとってメチャメチャ嫌な臭いがしてたら、それだけでその人を好きになれなくなるかもしれないんですから、かなり強い要素です。

それだけに日々の体臭、口臭など、自分が発している臭い・・・気を付けたい所ですね。

ま、今の時期は花粉症で鼻詰まってるので、自分にはあまりわかりませんが、それでも朝に感じたあの金木犀の香り・・・鼻が詰まってなかったらどれほどの臭いだったのか・・・怖いです。

思い込む

自分の長所と短所、いくつくらい挙げられますか?

就職活動の時に履歴書、面接の時に必ず求められる情報ですよね。自分の事をよくよく知っていないとなかなか出てきません。

私はというと、自分の長所というものが全く出てきません!

そうなんです、自分に自信が無いんです。

短所ならいくらでも挙げられるんですよ?

喋るのは苦手、人との共同作業も苦手、いいかげん、やる事が大雑把、物覚えが悪い、などなど・・・

そんな私の数少ない長所は楽観的な事とマイペースな事。一癖も二癖もありそうな人材やなぁ・・・と思われることでしょう・・・

仕事をするにしても、何にしても自信を持って行動するのってメッチャ大切だと思うんです。でもなかなかそうはいかない人、意外と多いと思うんですよね。

さて、そんな自信が無い私ですが、最近気になっている事があります、「プラシーボ効果」というもの。

そもそもは「偽薬効果」というヤツで、簡単に言うとお医者さんから処方された物ならたとえ薬とうたわれた砂糖の粉でも、「これを飲めば治る」と思い込んで、実際に症状が改善されていく・・・というもの。

実際にこの効果はなかなか強力なモノで、効果があるのか無いのか怪しいオカルトなアイテムが世の中から減らないのも、コレの影響かもしれません。

水素水や高カカオチョコ、各種サプリメント・・・科学的に効果が証明されててもされてなくても、「これを飲むと調子が良い気がする」「これを使うと次の日がすっきり起きられる」という自分にとってプラスになる要素を得られるのは凄く良い事ですよね。

私も高カカオチョコとサプリメントの亜鉛をもう1年以上摂っていますが、やはり以前に比べると「身体の調子が良いような気がする」んですよね。

でもまあ・・・オカルトも面白いですが、いつかはプラシーボ効果に頼らなくても自分に自信を持てる強い人間になりたいものですね・・・

新年度!

いよいよ新年度が始まりますね。

新入生、新社会人の方は期待と不安もあるかと思いますが、ボチボチやっていきましょうね。

特に新社会人の方は今後の生活の仕方を十分気を付けてくださいね。仕事をするようになると、ホンマあっという間に歳をとります!!

そしてびっくりするくらい身体が鈍っていきます。

なので休みの日は寝てるだけで一日終わった、なんていうのはホントによくある話です。

なので平日も休日もアグレッシブに過ごせる方は体調管理とかストレスの発散方法とかしっかり確立できているので、ホンマ凄いと思います。

何をするにしても健康第一ですからね。若い頃は多少の無茶をしてでも頑張れなんて言われる事がありますが、それは違いますよね。

若い頃からの健康に対する積み重ねでその後の人生が大きく変わってくるんですから、無茶をしていい訳ないです。

とまあ私も初心に返りつつ、今年度をアグレッシブに、色々新しい事にも挑戦していきたいなと思っています。

このブログもなんだかんだで4か月目・・・飾りっ気がないのでもう少しイジった方がいいですかね・・・

というワケで新年度もボチボチ書いていきますので、よろしくお願いします!

 

 

胃が小さくなる

今日職場の先輩と一緒に昼ご飯を食べていた時のこと。

「胃が小さくなったかな・・・?対して食ってないのに腹いっぱいだわ・・・」と言っていました。確かに以前に比べるとかなり少ない量で、最近ダイエットをしているようです。

それが功を奏して?少ない量でも満腹になることができるというのはダイエットの効果がありましたね!みたいな話をしていたんですけど、はたしてダイエットで胃を小さくすることはできるんでしょうか?

まあ実際に胃が小さくなるということはありません。

私達の満腹、空腹の合図を出しているのは「脳」ですね。血糖値が下がれば空腹のサイン、上がれば満腹のサインを出すワケですが、私達が食べ過ぎて太ってしまうというのは脳が満腹サインを出すタイミングがズレてしまっている為だそうです。

早食い、砂糖の多い食べ物ばかり食べる等を繰り返していると、満腹中枢に不具合が発生し、満腹を感じにくくなりついつい食べ過ぎる・・・ということになります。

そこでダイエットによる食事内容の改善を行う事で、不具合が解消され正常に満腹、空腹のサインが出されるようになります。

この正常なタイミングで満腹のサインが出るというのが、食べ過ぎの時に比べて少ない量なので胃が小さくなった、と感じる原因です。

胃が小さくなったのではなく、それが本来の必要分だということなので、食べ過ぎの時がいかに過剰摂取しているかわかりますよね。

ダイエットの食事制限はどんな内容であれ、辛い時期が出てきますが、それを乗り越えて習慣化できれば、逆にその食事内容が身体に馴染むはず・・・

何事も継続が大切ですね。

猫の病気

我が家の猫、あんみつさんは今年の8月で2歳になります。

まあ元々は野良子猫で、保護されて、里親募集をネットで見て、なんやかんやあって今に至るんですが・・・なので正確な誕生日は知らないんですけどね。

でもまだまだ若いので元気いっぱいです。

そんなあんみつさんもウチに来た頃は一つ問題を抱えてました。それが水を飲まないということ。

猫は元々あまり水を飲まない動物です。これは猫の祖先が元々砂漠に住んでいて、身体から出てしまう水分を出来るだけ少なくするような仕組みを備えているそうです。

おしっこを出来るだけ濃縮して、使える水分を身体に回すみたいですが、物凄く身体に負担はかかりそうですよね・・・

現代の特に家猫はそんなシビアな環境でもないので、長生きしてもらう為には水分補給もこまめにしてもらわないといけません。

7歳以上の老猫になってくると3~4割は慢性的な腎臓病にかかってしまうと言われています。これは先ほどの砂漠に住んでいた頃の身体機能の名残がある為、腎臓に負担をかけやすいせいと言われていますが、メカニズムは完全に解明されているワケではないようです。

どんなに食事や運動に気を配った、健康的な生活を送っていても、腎臓病を患ってしまう猫は多いので、なんとも心苦しいですね・・・

そうなると飼い主に出来る事は少しでもそうなってしまう原因を減らす事。そのうちの一つが水をしっかり飲んでもらうことです。

病院の先生に言われたのは、あんみつさんの体重は4kgあるか無いかぐらいで、それだと一日200mlは飲んで欲しい量とのこと。

あんみつさんにとっては程遠い量でした。日によっては2回ペロペロするくらいで後は飲まないという日もあって、かなり心配しました。

どんなに器を綺麗にしても、綺麗な水を用意してもダメで、猫用のスープを水で薄めて温めた物をあげても飲まない・・・

そんな感じで途方に暮れていましたが、電動式で水が流れる?湧き出る?感じの猫に水を挙げる物があって、面白いなぁと思い試しに使ってみたら、メチャメチャ飲み始めました!

どうやらあんみつさんにとって必要な要素は「流れている水」だったようです。一時はどうなることかと思いましたが、安心しました・・・

諦めずに色々試すというのは大切なのを改めて感じましたね。

 

神社について

先日行ってきました伏見稲荷大社、これは全国に3万あるという稲荷神社の総本社(本家本元ですね)にあたります。

稲荷神社だけ3万はあるんですから、日本にある神社の数がどれほど多いか想像がつきますよね。

さて、それだけ数多くの神社がありますが、なんの為にあるのかご存知でしょうか?

神社の起源は神聖であるとされる自然物「山、滝、岩、巨木」等に神様が宿るとされ、敬拝していたそうです。

又は禁忌地や神体山といった場所で祭事をする際に臨時で建てる神籬(神様が宿る為の依り代)といった祭壇などがあって、現在のように各所に常設されているものではなかったんですね。

時代が進むにつれ、社殿が建てられるようになり、「神社には常に神様がいる」という考え方に移り変わっていきました。

気持ち的な問題ですが、やはり神様が常に自分の身近に存在するというのは何となく気が引き締まるというか、心の拠り所?になりますね。

そんな訳で総本社から分社された神社が日本各地にあって、登録されているだけでも約8万、そうでないものを含めると膨大な数に上ります。

ちなみに神道では神霊は無限に分ける事ができるらしく、山の中にある小さな祠なんかにもちゃんと神様は宿っていることになります。なのでいたずらトカはしちゃダメですよ!

帰省

少しブログの更新が空いてしまいましたね・・・

私は現在埼玉県に住んでいますが、実家が滋賀県なんです。

もう何年も帰っていなかったので、今回何の気なしに帰りました。特に何か理由があった訳ではないんですけどね。

実家に戻ったのは3年ぶりぐらいかな・・・私は祖父母に育てられて、学生の頃じいちゃんが亡くなって今実家には祖母が一人で住んでいます。

普段は忘れてしまっていますが、田舎にばあちゃんが一人暮らしをしてるというのは心苦しい気持ちが出てきますね。

まあばあちゃんは理解ある人なので、私には「お前の好きな場所で好きなように生きたらええ」と言ってくれたので、現在こうして生活しているワケですが。

まあばあちゃんも近所の人達のそれなりに楽しくやっているみたいなので、そこまで心配はしてないんですけどね。

私の実家がある場所は滋賀県の中でも特に賑わっていないというか、どちらかといえば衰退していっている場所なんですが、以前にも増して衰退していましたね。

昔じいちゃんと一緒に行ったお店とかはほとんど潰れてテナント募集の看板ばかり・・・切ないというか空しいというか・・・

こういうのを見ると、地方の過疎化も深刻だなあ・・・と感じましたね。

とまあ私の実家の話はこのくらいにしておいて、帰ってくる途中で伏見稲荷大社に寄ってきました。

写真下手ですみません・・・(最近やっと画像挿入の方法が分かりました 笑)

ちなみに朝の8時半ぐらいでしたが、物凄い人の量です!特に外国人の方!まあ桜が丁度見頃というのも影響してるのかもですが、それにしても朝から伏見のお稲荷さんは大人気でしたね。

私は桜を見に来たのではなく商売繁盛を祈りにきたんですけどね。

前来た時は稲荷山にも登りましたが、今回は時間的にも体力的にも余裕がなかったので断念・・・

次はいつ来られるやろなあ・・・今度はゆっくり帰りたいですね。

 

3時のおやつ

先日駅近に見つけた和菓子屋さんの団子を食べてから、すっかりそこの和菓子にハマってしまっている今日この頃です。

最近の私はその和菓子屋さんの団子を休日に買いに行くために、仕事を頑張っているといっても過言ではありません。

でも知らべてみたら何と朝の7時からやっているみたいなんです・・・電車乗る前に買って職場で食べる事も出来る・・・ムムム・・・

とまあそんな感じなので最近おやつとして団子を食べる事が多いですが、カロリーが気になる所・・・大体みたらし団子1本で130kcalぐらい・・・あなどれません。

ですが!

脂肪が溜まりにくい時間帯があるってご存知でしたか?要はその時間帯であれば団子だろうが羊羹だろうが食べても贅肉になりにくいということですね。

結論から言いますと「15時頃」がその時間帯です。子供の頃から言われていた3時のおやつというのは理に適ったモノだったんです。

なぜそうなのかちゃんと理由があって、「BMAL1」(ビーマルワン)という私達の体内にあるタンパク質の一種が影響しています。

このBMAL1は私達の活動リズムが正常に機能するよう調節しているもので、その働きの一つに「脂肪を多く溜め込もうとする働き」があります。

なのでこのBMAL1が体内にもっとも少ない時を見計らえば、脂肪が溜まりにくい時間なので、多少のおやつもオッケーという訳なんですね。

ちなみに少ない時間帯が日中の特に3時頃で、そこから徐々に増え始めて午後10時くらいから急激に増加、深夜2時~4時くらいがピークになります。

同じおやつを食べるにしても、日中と午後10時以降とでは10倍ほどエネルギーの吸収効率が違うんだとか・・・

逆に考えると、金欠で月末がピンチ・・・という場合は、夜10時以降にカロリーが高い物を食べれば日中は水だけで賄えるかもしれない・・・いや、身体に良くないですね(笑

そしてこのBMAL1、日光に浴びる事が増減に影響するらしく、特に朝日を浴びると減少に繋がるらしいですね。

なので朝日を浴びる事、3時のおやつは大丈夫、夜10時以降の高カロリーな物は控える・・・これがカギになるようですね。

やはり健康的な生活リズムは大切です。

寝具の寿命

朝活をするよう目覚ましを早めにセットしている今日この頃ですが、どうにも眠くて仕方がありません。

「春眠暁を覚えず」という奴ですね・・・なので最近朝活出来ていません・・・

お布団の中が心地良すぎていけません・・・

この季節の変わり目というのは、身体の様々な器官も気候に合わせて調整している途中なので、三寒四温って身体に結構負担がかかるんですね。

こういった時こそ、体調を崩さないよう日々の生活習慣を見直していきたいですね。

とはいってもどうにも抗えないのが眠気・・・まあそういった時は抗わずに素直に寝るのが一番というのが私の持論です。

ですが、気持ち良い良質な睡眠を取れているでしょうか??以前にも書いた事はありますが、睡眠は脳にとって記憶や情報を整理する大切な時間です。

良い睡眠を取る為の重要なアイテム・・・きちんとメンテナンスできてますでしょうか??

ちなみにそれは何かというと「寝具」です。

最近になって私も知ったんですが、寝具って寿命があるらしいんです!品質や使い方にもよるみたいですが、枕で2年、羽布団は10年、マットレスは7年等々・・・うーん・・・長いような短いような・・・なんとも言えませんね。

とにかく、寿命の過ぎた寝具を使い続けていると、睡眠の質を著しく低下させる原因になります。

というのも、身体を支える為の十分な弾力、体温を保持する為の保温力の低下、チリやホコリなどのハウスダストの原因になったりと身体に悪影響を与え、疲れを取る所か逆効果になってしまうなんてことにもなります。

もし、ふんわり感が無い、毛玉みたいなのがいっぱいできている、マットレスが凹んでいる、という場合は買い替え時期ですね。

これから新年度、自分にあった快適な寝具を選んで、気持ちを切り替えていくのもいいかもしれません。

私も今度の休みに近所のニトリに行こうかな・・・