筋肉の仕組みってとっても奥が深い・・・

昨日はブログを書いた後、腕立て伏せをとりあえず限界までやってみました。

一応数えてましたが、80回くらい?は出来たかな・・・?なんか最後の方は曖昧ですが、意外と出来るモノですね!学生の時は運動部に所属してて、筋トレはよくやっていたのですが、でもやはり昔のようにはいきません・・・(笑

それに体幹とかもヘナヘナでしょうから、トレーニング中のフォームは他人から見れば醜いモノでしょう・・・そのあたりも意識しながら少しずつ毎日積み重ねていきたいですね!

で、筋トレをした後に起こる現象といえばやはりこれ「筋肉痛」です。私も今胸肉がメッチャ痛いです(汗

何か月、何年もトレーニングをされている方はこの痛みが快感に変わってくるらしい・・・(シュトロハイムか) 今のところ私は快感には感じません・・・

この筋肉痛ですが、歳を取ると翌日じゃなく、2日後、3日後?というように遅れて症状が出るというのはよく聞きますよね。そんな訳で私も翌日には出ないのかなーなんて思ってたのですが、そんなことはなかった!

そもそも、なぜ筋肉痛が人によって翌日だったり、2日後だったりするのかというと、「限界までトレーニング出来ているかどうか」らしいのです。

しっかりトレーニングをしていると翌日に「筋肉の損傷による痛み」が出て、2日後に「筋肉を修復する時の痛み」が出る・・・というように段階を踏んで筋肉痛になるのですが、甘ぁーい鍛え方だと翌日の「筋肉の損傷による痛み」は無く、微妙な損傷をしている「筋肉を修復する時の痛み」だけが出る・・・ということのようです。

なるほど・・・別に筋肉痛が遅れてきているのではなく、ただ筋トレの仕方が甘かっただけのようです!調べると色んな事がわかります。てことは私の昨日の腕立て伏せは一応、限界まで追い込んで出来てたってことですね・・・よかったー

この調子で今日は腹筋を頑張ります!腹筋も調べてみると「外腹斜筋」「内腹斜筋」「腹直筋」とあるみたいですが、まあ詳しいことは追々やっていくとして、とりあえず代表的な「上体起こし」をやります。昨日同様とりあえず出来るだけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です