眠たくなった時に眠るのが一番幸せ

動物の中で一番睡眠時間が長いのは、なんていう動物かご存知でしょうか??

なんと誰もが知っている「コアラ」です。その睡眠時間はおよそ22時間と言われています。

22時間も睡眠だけに時間を取る・・・幸せなような・・・もったいないような・・・何とも言えませんね。

ともかくどんな動物も睡眠はとても大切な習慣な訳ですね。さてそんな中で気になるのが「昼寝」という行為。人間以外には無い概念?でしょうね。

「昼寝」してますか?私は昼食を食べた後20分程眠ってます。眠ってますというか眠ってしまいます。抗えないのです・・・

とは言っても熟睡ではなく椅子の上でウトウトしてるような状態ですけどね。でもこの時が一番気持ちよく眠れてるかも・・・(笑

この昼寝の時間、取って良いモノなのかどうかずっと疑問でした。社会的にどう思われるかではなく自分の身体にとって、という意味ですが。

調べた結果ですが、「昼寝の長さによっては良くも悪くもなる」というのが結論でした。

あくまで一般的な生活サイクルを送っている人間についてですが、昼食を食べた後眠くなるというメカニズムは実ははっきりと分かっていないらしいです。てっきりお腹が膨れて、消化の為にエネルギーを使っているからと思っていましたが、それが原因だけではないみたいですね。

さて、では昼寝をするのにベストな時間はというと!「20~30分」がいいんじゃないかと思います。というのも、昼寝は1時間以上になってしまうと脳や身体に悪影響を及ぼすとか何とか・・・認知症や死亡率が高まるらしいです。

睡眠って奥が深くてちょっと調べた程度ではなかなか理解できない部分がありますね・・・難しい。

まあとりあえず20~30分の昼寝であれば逆に眠気が取れて、パフォーマンスが上がったり、血圧が下がったり、リラックス効果があったりと良い事があるようです。

睡眠時間とは上手に付き合って少しでもスッキリした毎日を送りたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です