発売日まで後3日!

「モンスターハンター ワールド」発売間近ですね!楽しみにされている方は多いのではないでしょうか??

私は・・・正直何とも言えません。職場の同僚にかなり勧められてじゃあちょっとやってみようかなーというノリで予約しました(笑

このシリーズをやったことがあるのは3のみでして、確かその時も友達に物凄く勧められて同じようなノリで買ったんやったっけなぁ・・・

でも操作性やらシステムがどうも馴染めなくて、メチャメチャハマッたという事は無かったです。友達と協力プレイは楽しいんですけどね。

でも今回はオープンワールドやグラフィックが綺麗という事もあり、マッタリ旅行気分でウロウロしたりするのも楽しいかなと思ってます。それに何よりアイルーが今まで以上にリアリティがあって育成が楽しそう(これが一番重要!)

ということで、モンスター、武器、装備関係は実践あるのみだと思うので、システム関係等の情報を超簡略にまとめてみます。

フィールド関係・・・調査団拠点 アステラ、古代樹の森、大蟻塚の荒野、陸珊瑚の台地、瘴気の谷、火山?フィールド、雪山?フィールド、事前情報では7つですね。今後DLCで増えていくのかどうかという所。

導蟲・・・モンスターの痕跡をこの蟲に記憶させる事で、討伐対象をスムーズに探し出す事ができるというもの。大量の蛍みたいなエフェクトも綺麗でこういうのは好きです。

オトモアイルー・・・可愛さに磨きがかかってます。もちろん可愛いだけでなく、小型モンスターを仲間にする、捜索エリアにいるテトルーというキャラと友達になって共闘してくれる、クエストクリア時にオトモ道具の経験値が入り、レベルアップしていく等々、しっかり新人ハンターでもしっかりサポートしてくれそうですね。

ファストトラベル・・・マップを開いて点在している拠点(キャンプ)を選択すると、そこまでひとっ飛び!というもの。マップの広いオープンワールドにはよくあるシステムですね。

自動調合・・・フィールドで素材を入手すると、調合リストにチェックを入れたアイテムが自動的に調合され、使用できるというもの。調合リストを見ましたが、回復・補助系から攻撃・罠系まで豊富にありますね。

食べ物系・・・今回は捜索エリアのキャンプでも食事が出来るようですね。定食メニューがあり、任意のステータスを向上させることができるみたいです。また、かまど焼きという調査ポイントを支払って、クエストを受けている間に素材を食材にしておいてくれるというシステムもあるみたいです。

大まかなシステムはこんな所でしょうか?まだまだ新しい要素はあるかと思いますが、あとは使って慣れていくしかありませんね。

早くアイルー育てたいなぁ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です