高カカオチョコレートの効果

世の中にはあらゆるお菓子があると思いますが、世界中で愛されているお菓子の代表といえば「チョコレート」ですよね。

子供の3時のおやつだったり、小腹を満たす為にちょっとつまんだり、あるいは好きな人へのプレゼントだったり・・・あらゆる用途、年代に親しまれています。

もちろんスイーツおっさんの私も大好きなお菓子の一つです。特にクリスプ入りのが好きです。ロッテのクリスプ入りアーモンドチョコとか・・・

とまあチョコは私たちに馴染み深いお菓子な訳ですが、私は去年の11月頃からほぼ毎日のように食べているチョコ菓子?が一つあります。

高カカオチョコレートです。

一応この高カカオと普通のチョコの違いを説明しますと、ごく普通のチョコのカカオ分が大体30~40%、高カカオははっきりした定義はわかりませんが、恐らく70~90%ぐらい。数値を見てわかる通りかなり違いますね。

味の方ですが、もちろんかなり違います。私はいつも86%のチョコを食べていますが、最初食べた時は「物凄く濃厚」に感じました。コクといいますか、私にとっては86が甘味の苦みのバランスが丁度良いみたいです。食べる人によってかなり意見は違ってくると思いますが・・・

95%のも食べた事はありますが、これは酸味と苦みがほとんどです。正直私には合わない味でしたね。せっかくのチョコですから、ある程度楽しみながら食べられる味じゃないとね・・・

さてさて、そんな高カカオチョコですが、私が食べ続けている理由の一つ。健康効果への期待・・・です。

アンチエイジング、高血圧の防止、便秘解消等々、確かに身体には良さそうですが、そういう私も半信半疑で食べ続けてます。もともと便秘はしないですし、高血圧って訳でもないし、見込みがあるとすればアンチエイジング・・・?続けていれば同年代と差が出てくるんやろか・・・

最近は専らおいしいからって理由で食べてるんですが、まあ何事も継続してこそ分かってくることもありますからね。しばらくは続けてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です