呼吸の仕方

毎年の事ながら、この時期になるとインフルエンザが流行りますね。

インフルエンザに限らず風邪トカも引きやすいですからね・・・対策はしっかりしておきたい所です。

そもそも細菌やウイルスは低温、低湿度の方が空気中にいても長く生存できる為、冬のこの時期は空気感染する病気にかかりやすいんですね。

そんな感じなので、少しでもそういったリスクを減らす為にも、呼吸をする場所に気を付けていきましょう。

ちなみに普段の日常生活で呼吸をする時、鼻でしているでしょうか?それとも口でしているでしょうか?

もし口で呼吸しているという場合は、鼻で呼吸するよう意識した方がいいかもしれません。

というのも、口呼吸って本当にデメリットしかないんです。

まず口から乾燥した空気を取り込んでしまうと、細菌やウイルスを防ぐ機能が有る喉の粘膜機能が低下してしまい、感染リスクが高まります。

また、乾燥によって口内細菌も活発化してしまい、虫歯や歯周病、口臭の原因にもつながります。

そして、口が開いている状態が続くとその周りの筋肉が衰えてしまい、歯並びや顔の輪郭にまで影響をしてしまいます。

365日、毎日している事ですからね、良くも悪くも積み重ねは色んな影響が出てくるかと思います。

ということで、鼻呼吸を癖付けていきましょう!

そもそも鼻の役割とは、ただ匂いを感じ取る為だけの器官だけではないのです。

身近な家電でいえば、鼻はエアコンのようなもので、加湿、温度調整、フィルター機能が付いています。

鼻から空気を取り込んだ方が、肺に負担がかからない綺麗で、丁度良い温度の空気を送ることができるんですね。

ただこれからの季節、花粉がね・・・本当にやっかいです。

私も毎年かなり悩まされていますが、その内の一つが鼻づまり。

強制的に口呼吸せざるをえない状況になっちゃいますからね・・・困ったものです。しかも今年は例年より飛散量が多いらしいですから、何か対策しないと・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です