トレンドカラー

寒さが和らいできて、少しずつ暖かくなってきている今日この頃。

そろそろ冬服から春物に切り替えという感じでしょうか?雑誌やネットの通販サイトでも春物セールとかやってますよね。

私は服は滅多に買いません。それなりの値段がする物を買って、長く着てダメになったら買い替えるという感じです。

昨日は長い間愛用していたアウターがダメになってきたので、新しい物を買ってみました。

そんな感じなので、誰がどう見てもオシャレではないでしょうね・・・それにどちらかといえばバイクとかそっち系にお金を掛けてしまうので・・・(汗

そんな流行に疎い私がいつも気になっている事があります。それが「トレンドカラー」です。

いつの間にか決まっていて、その色を使ったファッションが話題を集めていますが、このトレンドカラーって一体誰が決めているのかと。

調べてみて分かりましたが、何と「インターカラー(国際流行色委員会)」という世界14ヵ国が加盟している委員会があって、そこでその年のトレンドカラーの方向性が話し合われているようです。

日本では「日本流行色協会(JAFCA)」がインターカラーで話し合った内容を参考にして、国内のトレンドカラーを決めるらしいです。

ちなみに2018年のトレンドカラーは「ビジョナリーミント(ベリーペールブルー)」。すごく爽やかな色ですよね。

見ている分には綺麗ですが、いざ自分がこの色を身に着けたりしようとするとなかなか使い所が難しそうです・・・

あともう一つトレンドカラーとして影響力が強そうなのが、米国パントン社(世界中で使われている色見本を発行している会社)の「カラー・オブ・ザ・イヤー2018」で選ばれた「ウルトラバイオレット」ですね。

JAFCAが発表した色とは大分違った色ですが、今年はこの2色をベースにどういった色が流行るのか、トレンドカラーを意識しながら街で歩いている人の服装を観察すると面白いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です