善玉菌が増える=花粉症予防になるか

今日は先日に引き続いて、腸に関連している事で、「腸を整えると花粉症が抑制、予防になるか」調べてみました。

これに関しては私にとっては重大なテーマの一つなんですよね・・・

花粉症がホンマに辛いんです!

さて、まずは昨日書いた事をザックリまとめます。

・乳酸菌、ビフィズス菌といった善玉菌を増やす事で、腸内のpH値を弱酸性に調整出来る。

・弱酸性の状態が最も悪玉菌が増えにくい環境。

・腸内フローラのバランスを整える事が重要。

とまあこんな感じでしょうか?本当にザックリですね(笑

で、ここからが本題でお腹の調子を整えるとなぜ花粉症対策になるのかなんですが、私達の免疫機能を調節しているのは免疫細胞というモノで、この細胞は何と約6割が腸にあるらしいのです。

花粉症等のアレルギーは免疫機能の過剰反応によって起こるもの。身体に害の無い物まで異物と判断し、体外に出そうとするため、鼻水、涙目の原因になるんですね。

過剰に反応する原因はまだ完全に判明していませんが、要因の一つとしては腸内の腸内細菌、腸内環境がバランスが悪いと、免疫機能に影響して、アレルギーなどの症状が悪化するというもの。

花粉症と腸の関係性が大分わかってきました!

ということで、善玉菌とされる乳酸菌やビフィズス菌、またそれを手助けする食物繊維を意識して摂取すると良いワケですが、一つ問題があります。

この善玉菌というのは酸に弱くて、食べ物として摂取した場合、胃液等の消化液で死んでしまうのです!まあその善玉菌の死骸でもお腹に良い事は確か何ですが、やはり効き目はイマイチ。生きたまま腸に届くのが理想的です。

なので最近のこういった食品のCMとかでよく言われるキャッチフレーズが「生きて腸に届く!」というもの。

これってようは乳酸菌やビフィズス菌が死なずに腸まで行けますよー、という事を言っていたんですねぇ。

あんまり意識して聞いていなかったんで、どういうこっちゃ?と思っていました。

腸内環境を整えるのは花粉症だけでなく、大腸ガンといった大病も予防する重要な要素の一つ。今まで以上に腸に良い事を見直していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です