寝具の寿命

朝活をするよう目覚ましを早めにセットしている今日この頃ですが、どうにも眠くて仕方がありません。

「春眠暁を覚えず」という奴ですね・・・なので最近朝活出来ていません・・・

お布団の中が心地良すぎていけません・・・

この季節の変わり目というのは、身体の様々な器官も気候に合わせて調整している途中なので、三寒四温って身体に結構負担がかかるんですね。

こういった時こそ、体調を崩さないよう日々の生活習慣を見直していきたいですね。

とはいってもどうにも抗えないのが眠気・・・まあそういった時は抗わずに素直に寝るのが一番というのが私の持論です。

ですが、気持ち良い良質な睡眠を取れているでしょうか??以前にも書いた事はありますが、睡眠は脳にとって記憶や情報を整理する大切な時間です。

良い睡眠を取る為の重要なアイテム・・・きちんとメンテナンスできてますでしょうか??

ちなみにそれは何かというと「寝具」です。

最近になって私も知ったんですが、寝具って寿命があるらしいんです!品質や使い方にもよるみたいですが、枕で2年、羽布団は10年、マットレスは7年等々・・・うーん・・・長いような短いような・・・なんとも言えませんね。

とにかく、寿命の過ぎた寝具を使い続けていると、睡眠の質を著しく低下させる原因になります。

というのも、身体を支える為の十分な弾力、体温を保持する為の保温力の低下、チリやホコリなどのハウスダストの原因になったりと身体に悪影響を与え、疲れを取る所か逆効果になってしまうなんてことにもなります。

もし、ふんわり感が無い、毛玉みたいなのがいっぱいできている、マットレスが凹んでいる、という場合は買い替え時期ですね。

これから新年度、自分にあった快適な寝具を選んで、気持ちを切り替えていくのもいいかもしれません。

私も今度の休みに近所のニトリに行こうかな・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です