神社について

先日行ってきました伏見稲荷大社、これは全国に3万あるという稲荷神社の総本社(本家本元ですね)にあたります。

稲荷神社だけ3万はあるんですから、日本にある神社の数がどれほど多いか想像がつきますよね。

さて、それだけ数多くの神社がありますが、なんの為にあるのかご存知でしょうか?

神社の起源は神聖であるとされる自然物「山、滝、岩、巨木」等に神様が宿るとされ、敬拝していたそうです。

又は禁忌地や神体山といった場所で祭事をする際に臨時で建てる神籬(神様が宿る為の依り代)といった祭壇などがあって、現在のように各所に常設されているものではなかったんですね。

時代が進むにつれ、社殿が建てられるようになり、「神社には常に神様がいる」という考え方に移り変わっていきました。

気持ち的な問題ですが、やはり神様が常に自分の身近に存在するというのは何となく気が引き締まるというか、心の拠り所?になりますね。

そんな訳で総本社から分社された神社が日本各地にあって、登録されているだけでも約8万、そうでないものを含めると膨大な数に上ります。

ちなみに神道では神霊は無限に分ける事ができるらしく、山の中にある小さな祠なんかにもちゃんと神様は宿っていることになります。なのでいたずらトカはしちゃダメですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です